現金化テクニック

バンドルカード現金化の方法とは?|仕組みや流れを紹介!

バンドルカード

「消費者金融など金融機関からお金を限界まで借りてしまってもう借入ができない…」

「それでも各種支払いや返済のために現金が必要…」

そんな人たちから現在注目を集めているのが、新しい現金の捻出方法である「現金化」です。

しかし、「現金化ってクレジットカードがないとできないらしいから、カードを持ってない自分には関係ない」と思い込んでいる人もいるかもしれません。

果たして、現金化という手段はクレジットカードがないと不可能なのでしょうか。

実は、クレジットカードを使わなくても現金化は実践できます。

そのアイテムとは、プリペイドカードの一種である「バンドルカード」です。

では、バンドルカードを利用した現金化はどうやって行えばいいのでしょうか。

この記事で、バンドルカードの性質、現金化の方法、現金化におけるメリット・デメリット、おすすめ現金化業者の紹介などについて、詳しく解説していきます。

バンドルカードの性質を知っておこう

バンドルカードの現金化を行うには、バンドルカードがどのような機能を持ったアイテムなのかを理解しておく必要があります。

現金化を希望する人のなかには、バンドルカードと聞いてもいまいちピンとこない人もいるかもしれません。

この機会に、バンドルカードとはいったいどのようなものであるかを知っておきましょう。

では、バンドルカードとはどのような性質のものなのでしょうか。

次よりバンドルカードの特徴、その種類、仕組みについて説明します。

バンドルカードとは

バンドルカードとは、プリペイドカードの一種としてカテゴライズされるもので、国際ブランドであるVISAが付帯されているカードです。

クレジットカードとは異なり、あらかじめお金をチャージすることによって、そのチャージ代金だけ利用して買い物ができます。

現金を所有しなくてもバンドルカードだけで支払い可能なのがメリットですが、それ以外にも利点はあります。

・専用アプリをダウンロードするだけで即日使用可能
・チャージ分だけの代金しか使えないので、クレジットカードのような不正利用を極力抑えられる
・他社の借入が多過ぎて借入不可能な人、いわゆる「ブラックリスト入り」している人もでも、特別な審査などがないため、登録・利用可能
・チャージしなくても最高額5万円までは後払いで利用可能
・VISA付帯によりクレジットカード支払いのみのお店でも利用できる(クレジットカードを所有していなくても支払い可能)

このように、気軽に所有できて、さらに多様なメリットがあるのが、バンドルカードの特徴といえます。

バンドルカードの種類

バンドルカードには3つのタイプがあり、利用者それぞれのニーズに対応できるようになっています。

その3つのタイプとは以下の通りです。

バーチャル

バーチャルは、アプリ形式のバンドルカードです。

専用のアプリをダウンロードして必要事項を登録すれば、即日に利用が可能です。登録料は無料となっています。

リアル

実際に実物のカードを利用するタイプが、リアルです。

登録はアプリから可能ですが、実物のカード発行までに1〜2週間ほどかかるので、利用可能になるまで時間がかかります。

またカード発行の際、300〜400円ほどの手数料もかかるのがバーチャルとの違いです。

リアル+

リアルのパワーアップ版がリアル+​​で、このタイプは他のタイプと比べてチャージ代金の上限が圧倒的に違います。

他のタイプの月間チャージ上限金額は13万円ですが、リアル+は200万円と高額です。

1回あたり可能なチャージ金額も他のアプリなら3万円ですが、リアル+は10万円となっています。

カード発行料は600〜700円です。

バンドルカードの仕組み

バンドルカードの登録は、以下の手順で行います。

バーチャルの登録方法

1.AppStre経由でバンドルカードの公式アプリをダウンロード
2.【アカウントを登録する】ボタンをタップして必要事項(連絡先など個人情報)を入力
3.SMS認証で電話番号を確認
4.内容確認後に登録

リアル(リアル+)の登録方法

1.専用アプリの「カード」→「リアルカード発行」の順でタップ
2.カード種類、カラーなどを選択して、注意事項の確認のあとし送付先を記入
3.「発行する」をタップして登録完了
4.1〜2週間後にカードが郵送で届くので、カードを確認したらアプリの「新しいカードを有効化する」をタップ
5.セキュリティコードを入力すればカード有効化が完了して使用が可能

チャージは、先払いと後払いがあります。

●先払い
セブン銀行ATM
コンビニ
ネット銀行
銀行ATM(ペイジー)
ビットコイン

●後払い
クレジットカード
ポチっとチャージ
ドコモ払い

バンドルカードの現金化、どうやって行う?

「クレジットカードのように後日返済するタイプと違ってチャージ式なので、現金化はできないのではないか」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、バンドルカードはチャージ先払い方式だけではなく、後払い方式も用意されています。

その後払い方法のひとつである「ポチっとチャージ​​」を利用すれば、バンドルカードでも現金化は可能です。

では、バンドルカード現金化は具体的にどのような手順で行うのでしょうか。

次よりその方法を説明します。

バンドルカード現金化の手順

バンドルカードの現金化は、バーチャルタイプでしかできません。

現金化を希望している人は登録時に、リアルタイプのバンドルカードを申し込まないようにしましょう。

1.バンドルカード専用アプリの「ポチッとの申し込みへ」をタップ
2.利用者確認の画面に移行したら、再度、個人情報を入力→SMS認証を済ませる
3.チャージ金額の画面に移行するので、希望金額を限度額(3,000〜50,000円)にしたがって入力
4.申し込みアイコンをクリックすると、チャージ完了

これで手元にお金がなくてもチャージした料金で支払いが可能です。

使った分の金額は翌月末までの支払いになります。

現金化を実現させる方法と種類

チャージが完了したら、次に行うのが実際の現金化です。

現金化は専門業者にお願いする方法自分で行う方法の2種類があります。

自分で行う場合は、換金率の高そうな人気商品の選定・購入・購入者とのやり取りなどをすべて自分で行う必要があります。

それに対して、業者に依頼した場合は、業者に申し込みをするだけで、現金化に関するすべての作業を業者が代行してくれるので、手間がかかりません。

バンドルカード現金化におけるメリット・デメリット

バンドルカード現金化はメリットがある反面、デメリットもあります。

バンドルカード現金化を検討している人は、メリット・デメリットのふたつを頭に入れて、自分に適しているかどうかが大事です。

では、バンドルカードにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、以下よりみてみましょう。

メリット

バンドルカード現金化のメリットは以下の通りです。

即日現金化が可能

バンドルカードは専用アプリをインストールして必要事項を入力するだけで、すぐに使用可能になります。

登録が完了したら、ポチッとチャージを登録してチャージする→現金化という手順をすぐに行えば、即日に現金を入手可能です。

現金化を希望する人は、すぐに現金が必要ながらも手元にお金がなくて困っているという人が多いので、そのニーズを満たしてくれます。

信用情報に関係なくカード使用が可能

バンドルカードは、あくまでプリペイドカードの一種であり、消費者金融のカード・クレジットカードとは異なる性質のものなので、登録の際に厳しい審査があるわけではありません。

そのため、信用情報がブラックな人でも登録が可能です。

返済は翌月末までOK

現金化の際に利用する「ポチッとチャージ」を利用するチャージは、後払い方式です。

チャージした金額を使用した場合、その金額は借入したお金と同様の意味になるので、後日返済する必要があります。

しかし、その返済は急ぎではなく使用した月の翌月末までに支払えば問題ありません。

つまり手元にお金がなくても、バンドルカードのポチッとチャージを使って現金化を行えば、現金が入手できて、その支払いも急がされる心配は無用です。

デメリット

現金化はメリットだけでなくデメリットも存在します。そのデメリットは以下の通りです。

対応できない業者もいる

新しいお金の捻出方法として注目されている現金化ですが、消費者金融の利用などのメジャーなものに比べると、現金化は世間にはそれほど浸透していないのが現金化の現状です。

確かに現金化の作業を代行してくれる専門業者も多数存在していますが、すべてがバンドルカードなどのプリペイドカードを受け付けているわけではありません。

現金化の主流はクレジットカードなので、業者のなかにはクレジットカードは大々的に受け付けていますが、バンドルカードには対応していないところは少数派といえます。

業者を選ぶ際は、その業者がバンドルカードに対応しているのかどうか事前に確認しなくてはいけません。

手数料がかかる

バンドルカード現金化を行う場合、チャージおよび業者利用の申し込みのときに、手数料を支払わないといけません。

チャージのときに発生する手数料はチャージ料金によって異なります。

最小で510円、最大1,830円の手数料が発生するので、チャージした料金がそのまま全額使えるわけではありません。

また、業者利用の際も使用したチャージ料金が100%現金化されるわけではなく、手数料が引かれます。

利用者によって現金化の上限が異なる、高額の現金化には向いていない

ポチッとチャージの上限額は最大5万円ですが、すべての人が必ず5万円を使えるとは限りません。

ポチッとチャージの上限額は、バンドルカード会員の支払い具合によって決定されます。

支払いの延滞・滞納がなく何も問題のない使用履歴が続けば、自然と限度額の枠は広がりますが、自分で限度額アップを決めることはできません。

また、最大使用額が5万円なので、クレジットカード現金化のような高額の現金化を希望する人には向いていないといえます。

未成年者だと単独で現金化はできない

バンドルカードの登録は未成年者でも可能ですが、現金化に関しては親の承諾が必要です。

未成年者が親に内緒で1人で現金化を行うことはできません。

また、未成年が業者に親の承諾書を提出したとしても、未成年者が1人で作成した偽造の可能性もあるので、未成年の使用を最初から断っている業者もあります。

バンドルカードの現金化に対応!おすすめ業者を紹介!

先述した通り、現金化業者のなかにはバンガルカードを対象としていない業者が多いので、バンガルカードを受け付けている業者を探すのに、苦労している人も少なくないでしょう。

そこで、当記事がおすすめするバンドルカードを対象とした現金化業者を、3社ピックアップしてみました。

以下よりバンドルカードも受け付けているおすすめ業者を紹介しましょう。

あんしんクレジット

あんしんクレジット
最大換金率98%
現金化にかかる時間8分
営業時間9:00~20:00(平日)
公式URLhttps://anshincredit.net/

あんしんクレジットは、VISAに対応しているのでバンドルカードの現金化が可能です。

窓口は、丁寧で優しい対応を心がけている専属オペレーターによる、「テクニカルコールセンター」が受け付けているので、初めても現金化でも安心して申し込みができます。

現金化のトラブル率ゼロ、利用者の即日現金化80%以上という数字でわかる通り、利用者の満足度、リピーター率は業界トップクラスといえるでしょう

Answer

Answer
最大換金率92%
現金化にかかる時間最短5分
営業時間年中無休、24時間対応
公式URLhttps://answer.solutions/

高い換金率、手数料一切無料などいくつものメリットがあるため、リピート率が高い業者が、Answerです。

年中無休、24時間対応なので、自分の都合でいつでも申し込みができます。

新規・他社乗り換えの人を対象とした、お得なキャンペーンも常に行っているので、公式サイトを常にチェックするといいでしょう。

88キャッシュ

88キャッシュ
最大換金率98%
現金化にかかる時間最短8分
営業時間8:00~20:00(年中無休)
公式URLhttps://8cash.biz/

現金化に関して不安を持っている人におすすめなのが、88キャッシュです。

この業者は、徹底した個人情報の管理を行なっており、利用者の希望によって利用履歴の削除も受け付けています。

トラブル発生回避のための安全対策も徹底されているので、安心して利用できます。

まとめ

プリペイドカードの一種であるバンドルカードはそれほど浸透しているアイテムではありませんが、現金化にも利用できる便利なカードです。

バンドルカードの現金化は、カードの性能・種類などを把握していればよりスムーズに行えるので、しっかりと頭に入れておきましょう。

また、バンドルカードの現金化を受け付けている業者はそれほど多くないので、当記事でおすすめ業者をピックアップしてみました。

バンドルカードの現金化を検討している人は、今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました