現金化の危険性

クレジットカード現金化するならキャッシュバック方式! その理由とは? メリットと安全性を解説

キャッシュバック方式!その理由とは

当サイト堂々第一位。

業界革命!3つのゼロをお約束!お客様満足度の高い「ゼロスタイル」です。

3つのゼロの一つ「クレーム0」を実現する親身な接客にも自信を持っております。

運営16年の実績もある老舗の会社でして、ストレスや不安0で安心してご利用できるようです。

■換金率 :最高99.2%
■営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

今最も選ばれているあんしんクレジットであり換金率も他社のどこにも負けない【業界最高換金率98.8%】【利用数NO.1】【ユーザー満足度NO.1】を誇ります。

今なら契約した方全員に
《5%アップクーポン券プレゼント中!!》
迷ったら業界NO1の利用実績の<あんしんクレジット>に問合せしてみてはいかがでしょうか。

■換金率 :最高98.8%
■営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

新規申込で2%換金率UP実施中!

安心・安全にクレカ現金化サービスを提供したい。
そんな思いから生まれたのがインパクトになります。
徹底的にこだわりに抜いたからこそ、多くの方からリピートされています。

■換金率 :最高98.6%
■営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

他社より1%でも換金率が低い場合はお電話下さい。他社には負けませんが売りひまわりギフト。

かわいいキャラクターが印象的ですね!

換金率の表はなく《他社に換金率は負けません》と言っているので他社にて換金率に不満がある方は、まずはひまわりギフトに問合せしてみるのがいいでしょう!

■換金率:問い合わせ・お電話ください。
■営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

安心・安全・信頼を最優先で考えた現金化「セーフティサポート」

法人の資金調達に最適な現金化業者です。
2001年4月にスタートしたセーフティーサポートでもうすぐ20年の実績になり、かなりの老舗ですね。

恐らく問題なく運営した結果、20年近くも営業が出来ているのでしょう。

■換金率:~98.7%
■営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

クレジットカード現金化には、2つの方式があることをご存知でしたか? そして、安全に現金化したいなら、商品買取方式ではなく、キャッシュバック方式で現金化するべきということを理解していますか? この点が理解できていない場合は、ぜひこのコラムを読んでください。キャッシュバック方式のメリットと安全性が分かります。

クレジットカード現金化には2つの方式がある

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化には、「商品買取方式」「キャッシュバック方式」の2つの方式があります。

<商品買取方式>

利用者がショッピング枠で購入した商品をクレジットカード現金化業者が買い取る形で、利用者に現金を支払う方式です。

<キャッシュバック方式>

利用者がショッピング枠で購入した商品に対するキャッシュバックとして、クレジットカード現金化業者が利用者に現金を支払う方式です。

上記の2つを比べて、「そんな大した違いはないのでは?」と思うかも知れませんね。

 

ですが、実は大きな違いがあるのです。

 

 

商品買取方式は、商品を買い取る形で現金を支払います。

つまり、その商品に見合った価値の金額しか支払えないのです。

 

ということは、必然的に換金率の高い商品を購入することになります。

 

換金率の高い商品とは、金券や商品券、高級ブランド品、人気ゲーム機などが挙げられます。

 

これらは、金券ショップやブランド品取り扱い店でも売れますから、それだけ価値のある商品ですよね。

 

ですから、高い換金率で現金に換えることができるのです。

 

しかし、商品買取方式の現金化には、最大のリスクが存在します。

それは、クレジットカードが利用停止になってしまうおそれがあることです。

 

なぜかと言えば、クレジットカード会社は利用規約で、ショッピング枠の現金化を禁止しているから。

 

ショッピング枠で購入した商品を現金化したことが、カード会社にバレてしまうと、カードの利用停止あるいは強制退会になってしまう可能性もあるのです。

 

そして、ショッピング枠で換金性の高い商品ばかり購入していると、カード会社から「現金化をしているのでは?」と疑われてしまいます。

 

結論として、商品買取方式の現金化は、安全性の観点からオススメできません。

<商品買取方式のメリット>

・換金率が非常に高い

<商品買取方式のデメリット>

・クレジットカードが利用停止になるリスクが高い

キャッシュバック方式のメリット・デメリット

続いて、キャッシュバック方式の現金化について、解説します。

 

キャッシュバック方式の現金化では、換金性の高い商品は購入しません。

現金化業者が指定する商品をクレジットカード決済で購入すると、キャッシュバックという形で現金を振り込んでくれるのです。

 

分かりやすく例えるなら、家電量販店のポイント還元でしょうか。

 

ヤマダ電機やビックカメラなどで電化製品を購入すると、ポイント10%還元! などといって、ポイントがもらえますよね。

 

クレジットカード現金化では、ポイントではなく、現金を還元(キャッシュバック)するという訳です。

 

それでは、どんな商品が届くのでしょうか?

それは、クレジットカード現金化業者によって異なりますが、はっきり言って商品価値の低いものです。

 

パワーストーンや情報商材DVDなど、いくらにでも価格設定できるようなものであることが多いようです。

 

「そんなの詐欺だ!」と思いますか?

でも、利用者の皆さんはショッピング枠を現金化したいだけであって、商品が欲しい訳ではないですよね。

 

それにむしろ、クレジットカード現金化では、商品価値の低いものでなければならないのです。

 

商品買取方式で解説した通り、換金性の高い商品を購入してしまうと、クレジットカードが利用停止になってしまうリスクが高くなってしまいますからね。

 

つまり、キャッシュバック方式の現金化は、非常に安全な方式なのです。

 

キャッシュバック方式が主流となったことで、ネット上でごくまれに詐欺的な業者が出てきてしまっている点が、しいて言えばデメリットでしょうか。

<キャッシュバック方式のメリット>

・クレジットカードが利用停止になるリスクがほとんどない

・換金率も高い

<キャッシュバック方式のデメリット>

・詐欺的な業者も一部いるので注意!

キャッシュバック方式では必ず商品を受け取ること

キャッシュバック方式の現金化業者を利用する時、ひとつだけ気を付けてほしいことがあります。

 

それは、現金が振り込まれた数日後、商品が自宅に届きますから、必ず受け取らなければならないということです。

 

商品を受け取らないと、キャッシュバック方式の取引が成立しません。

現金化業者が利用者にお金を貸したことになってしまいます。

 

現金化業者は、貸金業者ではありませんから、商品を受け取ってもらえないと、無許可で金を貸したとして、摘発されてしまいます。

 

利用者が逮捕された事例はありませんが、現金化業者が逮捕されてしまっては、現金化ができなくなってしまいますから、きちんと商品を受け取ってください。

 

家族に内緒で現金化しているから、自宅に商品を送られると困るという人は、現金化業者に相談しましょう。

 

商品を配達業者留めにしておくなどの対策が可能ですから、家族にバレずに現金化できます。

 

もう一度言いますが、必ず商品を受け取ってください。

キャッシュバック方式は景品表示法違反?

キャッシュバック方式の現金化は、景品表示法違反ではないか? という指摘もあります。

 

しかし、結論から言えば、違反には当たりません。

 

確かに、景品表示法では、利用者に対してもれなく提供するキャッシュバックは「総付景品」に含まれると定義されています。

 

そして、総付景品の金額は1,000円未満であれば200円、1,000円以上であれば取引価額の10分の2を上限としています。

 

ということは、クレジットカード現金化業者が行う80%以上のキャッシュバックは、違法となるように思われます。

 

しかし、例外があるのです。

「正常な商慣習に照らして値引と認められる経済上の利益」であれば、総付景品に当たりません。

 

キャッシュバックは「正常な商慣習に照らして値引と認められる経済上の利益」であり、この規定の適用対象外とされています。

 

つまり、10万円の商品に80%のキャッシュバック特典を付けて販売したら違法ですが、10万円の商品を8万円値引きして販売すれば合法という訳です。

 

どちらも解釈が違うだけで、実質的には同じ行為のような気がしますが……。

法律ってあいまいで、よく分からないですよね。

 

それでも、キャッシュバック方式の現金化は違法ではありませんから、安心して利用してください。

まとめ

キャッシュバック方式のメリットと安全性について解説しました。

 

キャッシュバック方式では、換金性の高い商品を購入しないため、クレジットカードが利用停止になってしまうリスクが限りなく低いです。

 

安心して現金化できますから、キャッシュバック方式で現金化してください。

 

ただし、中には詐欺的な業者もありますから、業者選びがもっとも重要です。

 

ホームページをよくチェックしてください。

次のような業者は要注意です。

・会社概要のページで所在地や代表者名がはっきりと記載されていない

・やたらと高換金率をアピールして、換金率の詳細が記載されていない

基本的な情報を開示していない業者は、疑ってかかるべきです。

 

反対に、しっかりと情報を開示している業者は信用できますよね。

 

口コミサイトで利用者の評判をチェックしたり、実際に電話をかけてスタッフの応対を確かめるのも、優良な現金化業者を見つける重要なポイントです。

 

優良な現金化業者を探して、安心・安全に現金化してください。

タイトルとURLをコピーしました